窓ガラスの霜は我が肌に

凍りつくような風が
何故か心地よい

窓ガラスの霜は
何故か不愉快だったのに

夏に見ることはできない
澄み切った空の下で

雪を被った木々のように
冬を受け容れる高揚感

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ