cosmic fairy Part2

2011 - 03/23 [Wed] - 18:40

真理はすべて
ひとたび発見されれば
容易く理解される

問題はそれを発見するという事にある

―ガリレオ・ガリレイ





【ステラ=フローラ】(兄妹の一番下)

突然変異として生まれ抜群の頭脳を持ち
年の割りに金髪の少女と見紛う姿となった

かなりの機械好きであり、独特の感性を生かした
数々の発明品を生み出すことが趣味




【ソフィア=フローラ】
クセのあるフローラ家をまとめる母
優しく思慮深いが毒舌で運動音痴な一面も

独特な魔法の形態や思想から
一時期世界中を賑わせた




【ロバート=フローラ】
弱者を救うために戦い続けた男
ソフィア曰く同格の格闘家<魔法使い>

現在は親バカに目覚めており
フローラ四兄妹に煙たがられている




【ウィッシュ=フローラ】(兄妹の一番上)

無邪気さとニヒルさの間で飄々としている男
黒い長髪、中性的な容姿は仕事<催眠療法>のため

極限まで研ぎ澄ました色のない光<魔力>を操り
魔力を神のように崇める独特の宗教観を持つ




【シルビア=フローラ】(兄妹の2番目)

褐色の肌に長い銀髪が映えるワイルドレディ
勝気ながら上品さも備えるアクティブな女性

獣のような五感と幅広い自然の知識を持ち
詩のない歌声で荒ぶる動物たちを従える




【ロア=フローラ】(兄妹の3番目)

口が悪くイタズラ好きで高飛車な男
髪を茶に染めて肉体は引き締まっている

裏では血の滲む地道な鍛錬を重ねており
プレッシャーに弱い繊細な一面も




















おにーちゃん<ウィッシュ>も
おねーちゃん<シルビア>も
兄貴<ロア>も
みーんな自分のことばっかり!





カッコいい通り名と功績が巷に溢れて
目だってばかりだから
いい気になってる!



アタシ<ステラ>だって
フローラ家の一員なのに
なんで陰に隠れるんだろ!?















あの日のようなことは
決して珍しいことではない

たまに兄妹で何処かに遊びに行くと
決まってステラは寂しい思いをする

まだ幼いので仕方が無いとも言えるが
他の兄妹と比べて知名度が低いせいだ















何不足ない生活を送っていたせいで
おにーちゃんは無気力で鬱屈していた

そんななか、おにーちゃんが子どものときに助けた
ある少女<コーネ>が幽霊となって会いに来た



それからおにーちゃんは
彼がコーネにしてもらった
催眠療法がきっかけとなって
心理学とかに興味を持ち始めたころから
いきいきとし始めた



今、おにーちゃんはコーネと事実婚状態だから
心理学と魔法、両方の研究だけに集中すればいいのに

研究のため、なんて各地を訪れては
首を突っ込んで人助けしている

自己顕示欲を満たすためにね!











自然が大好きなおねーちゃんは
アタシたちより早く
生き物の死<別れ>と向き合っていた

そのせいか色々抱え込んでいた時期もあったけど
今では何事でも意志を貫き通す人に成長した



動物たちと一緒にいれば幸せって言って
愛する彼らを守るために
生物学を専攻していたし
ちょっとだけ医学をかじっていた

今日も背伸びしちゃって
美しい山や海を守ったり
砂漠を緑化する活動とかを
積極的にしている

もしかしたら歌手としても
やっていけるかもしれないのも腹が立つ!










兄貴なんて本当は
怖がりで弱虫で小さい人間!

口だけ達者の嫌なやつで
構って欲しいって考えがみえみえ!

それなのに子どものころ
武術の大会では何度も優勝していたから
知名度はそれなりにあった



調子にのったあいつは
武術、ひいては魔法の指導者を志した

今ではたくさんの教え子たちに
ロア様なんて呼ばれてる!

しかも賞金稼ぎとしても一流だからムカツク!















それなのに、アタシは!?

天才って呼ばれていたアタシは!?



たしかに身体や精神の発達は
四人の中で一番遅い

でも機械を作らせれば
同年代で右に出るものはいない、絶対に!



難しい数式もスラスラと解けるし
科学の知識もとっても豊富!



でも地味!とっても地味!

道具が完成した瞬間だけは
みんなから褒められるんだけど

すぐにアタシのことは忘れられて
みんなその道具だけに夢中になってしまう



それに"きっかけ"にも恵まれない!





そうよ!目立たないだけなのよ!アタシは!!





アタシだってもうすぐ大人なのに
未だに子ども扱いするおねーちゃんたちが
ほんっとうに頭にくる!



私だってカッコいい通り名が欲しい!

























ステラは躍起になって
兄妹たちを、そして世間を見返すたびに
その名を轟かせる算段を企てはじめた










ボランティアなどに参加して
人助けの道で有名になろうか?

いや、ウィッシュは人を治療する魔法どころか
心理カウンセラーの真似事もできる

動物や自然を科学で助けるにしても
そっちの知識はシルビアの方が詳しい

どの道、二番煎じになる






学校の先生のように
偉大な指導者になろうか?

・・・ロアが慕われるのは実績があるからだし

勉強を教えるにしても
このご時世、科学は流行らないし・・・

ウィッシュもウィッシュで
多くの人に魔法を伝授しているから
指導者になるのもダメ






絵を描いたり、小説を書いたりするのもいい

でもステラははっきり言って
芸術関係に疎く、表現するのが苦手だ

この前だって歌が音痴なんていわれたし
シルビアに勝てる自信が無い






料理人・・・と思ったけど
意外とロアの料理は美味しくて
しかも栄養バランスがとれていることを思い出した

理想的な肉体をつくるために
徹底した栄養管理を行っていることから
ロアは意外と食べ物について詳しい






いっそ戦いで名をあげようか?

たしかに銃火器の扱いは優秀、でも・・・



驚異的な集中力で収束させた魔力は変幻自在
催眠術で相手を眠らせ、心を蹂躙して戦うウィッシュ

シルビアは華麗な剣術や棒術で有名だし
脚を動物のそれに変身させてからの蹴りは強烈

駆け引き上手なロアは圧倒的な速度を誇り
その体術を見切ることは不可能

・・・そこに銃火器の扱いに長けるけど
体力も魔力も遙かに及ばない
"銃使いの<機械に頼った>ステラ"なんて・・・





あぁ、結局機械に頼るしかないのか


















最終的には、天賦の特技である
"機械に強い"ということを頼りにして
ある有名な発明品コンクールの
最優秀賞を狙うことにした




コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/148-7662a96c

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR