流れる血は鉄の色

眠らない街のハイウェイで
疾走する光とともにバイクを走らせる

横切って、すれ違って、駆け抜けて
眠気も知らずに夜通し走る


俺には分かる、金とガソリンの臭いが
それはメガロポリスに流れる血

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ