泥水から這い上がる未来の勝者

2011 - 04/28 [Thu] - 20:23

圧倒的なハンデに恵まれた
幸せな人間は不幸だと思う

彼らは泥水から這い上がる
我々の底力を知らないからだ

No title

たしかに。
エリートは挫折すると立ち直れないって言いますからね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ねみ様へ

本当の意味でのエリートとは
何度もどん底に突き落とされた後でも
のし上がってくる根性と能力を兼ね備えた者だと
私は個人的に解釈しております(=ω=

願わくば私もそうありたいものですね
まずは失敗を恐れずにガンガン挑戦しないと
ただでさえ私は資質に欠けますのでね(^^;

はじめまして

ハンデ(ハンディキャップ)って、「不利益」とか「障害」のことですが。だからそれを埋めるためのおまけとして「有利な条件」が課せられるのであって、それではじめて「不利益」や「障害」を持っている人でも対等の勝負ができるようになるわけです。

圧倒的なハンデ……うーむ……。(^^;)

ポール様へ

初めまして~(^^*
ちょっと小難しくなりますが
解説させていただきますね(・ω・


仰る通り、ハンデとは「不利益」や「障害」という意味です
この作品で指す「不利益」というのは
「泥水から這い上がる機会が無い」という意味ですね

つまり、恵まれすぎているので
人間としての根性やら底力やらを知らないまま
成長していくという「不利益」なのです

故にそれを埋め合わせるためのハンデが
「才能」だったり「資質」だったり…

この作品では「圧倒的なハンデ」という
本来弱者が身に付けるはずの「ハンデ」が逆転して
強者が誇示するという矛盾した「ハンデ」を意味します

「不屈の精神を持たない人は、才能で埋め合わせるしかないから
 ほんとうは不幸なんだけどそれを幸運だと思ってやがる!」なんて
若干嫉妬深くてひねくれてますが、熱血な努力家による
「天才たちへの皮肉」と心情がこの作品のイメージです

「日本語がおかしいぞ!」なんて思うかもしれませんけどね(・ω・;
よろしかったら他の作品もご覧になってくださいb

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/185-f11b5221

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR