時代が変わっても

私がいたときの
あの広場の祭りは
私を祝うためにあった
豊作を願うため

人が私を忘れても
祭りは続く
今、私は山車の中に宿る
守り神となった

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ