天使の微笑みは、君の微笑みだった

2011 - 07/27 [Wed] - 17:23

安らぎの中で揺れながら
静かに命を閉じればいい

そう悟った気になってた私が
今はとても憎らしい


君に看取られながら死ねるなら
何も悔いは無いと言ったけど

今は生きたいと強く願える
求めていた微笑みのために


sunさん こんばんは☆”

私のために誰かが笑ってくれる
そして誰かのために笑うことが出来る

そんな些細なことが嬉しかったりしますね(^◇^)

優さんへ

人が喜ぶのを見ると嬉しい
それが自分と同じ理由で喜んでいるならもっと嬉しい

些細ですが、実は大きな幸せなんでしょうね

どんな小さな幸せでも
一緒に笑って、お互いのために笑うことができるなら
その幸せは何倍にも大きくなりますからね(・ω・*

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/276-212ef2de

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR