泉に沈む亡骸は

2011 - 08/22 [Mon] - 21:43

恵みの土壌に変わることもなく
清らかな泉に横たわる亡骸
水際の白い足を引きずり落とすこともなく
曰く付きの石碑に眠るのみ

昇天する煙に変わることもなく
聖なる泉で眠る亡骸
生贄にされた運命を恨むこともなく
死して尚皆の無事を祈るのみ

短い中にも

亡骸の真を見ました。強い想いが。ほのかに胸をじんとさせる彼(彼女)を、私は美しいと思います。
土壌にも変わらず、煙にも変わらず。

どうか聖なる泉にて、永遠なる安眠を…と願うのみです。
素敵な作品をありがとうございました^^

そしてそして。コメント返信にも書いていたのですが♪
今さらながら(?)、こちらのリンクを頂いてもよろしいですか??^^
またよろしくお願いします☆

古い時代、心臓を抉り出して神様に捧げたり
海に身を投げて子どもに力を引き継がせたりと
良くも悪くも命は軽かったものです
私たちと彼らの違いは、死んでそれで終わりなのか
それとも新たな始まりなのかと言った
考え方の違いなのかもしれません
…というのを民俗学の本を見て考えました(^^;

実のところ、私の方からリンクのお願いをしたいと
前々から思っておりましたので
宜しければ相互リンクと言うことでよろしいでしょうか?
返信に返信を求める形になりますが
お待ちしておりますねm(__)m

こんばんわ^^

相互リンク、大歓迎ですよ~!嬉しいです♪
早速こちら、貼らせていただきました^^
今後ともよろしくお願いします~☆

chacha様へ

こちらの方からも、リンクをさせて頂きましたm(__)m

あまりそちらに訪問ができない私ですが
小説の続きが気になって仕方がありません(笑)

今後も、改めて宜しくお願いしますね(^^*

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/302-56ea87ee

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR