お使いに行こう!

2011 - 09/15 [Thu] - 21:50

見たことのある道でさえも
車の窓から眺めるのと
お金を握って歩くのと
緊張感が全然違う

引き千切れそうなレジ袋を引きずって
ママの名を泣きながら叫ばずにいられなかった

お使いって、普段歩いてる道でも責任と緊張で別世界に見えますね。

私の場合、幼い時、家の目の前がスーパーだったのでお使いがお使いにならなかったです^^;

そういえば『ハヤテのごとく!』という漫画で現金一億円を持って歩く話がありましたけど、一億円を持って歩くと見渡す景色も通行人もまた全く別次元になるんでしょうね・・・・って全然意味が違いますね。
なんにしても責任を持つと同じ道では違って見えるのは子どもでも大人でも同じですね。
こちらは連載終了いたしました。今まで読んで頂きありがとうございます。

こんにちは、sunさん

お金の魔力は、スゴいですよね。
麻雀でもレートでいつも切れる牌が切れなかったりしますから…
(麻雀を知らなかったら、すいません)
子供だと、お金の価値からの緊張感なのか?
失くさない様にの責任からの緊張感なのか?
子供だって、色々考えているんでしょう…

CHIEs様、才条蓮様、天邪鬼様へ

<CHIEs様へ

そうですね、お使いしている時は
まるで別世界に行った時のようです

休日になるたび、起床した父が「缶コーヒー買ってこい」と
小銭を私に渡して歩いて一分もしない自販機へ
お金を落としたらどうしよう…
知らない人に連れて行かれたらどうしよう…
えぇ、私が臆病なのもありますが
目と鼻の先でも別世界のようで(^^;


<才条蓮様へ

一方、つながり眉毛のエセ警察官は
「十億円儲かったぞぉ~!!」と街中で言いふらすなどして
それが引き金となりいろいろ酷い目に遭った上に
最終的に上司から一喝食らっても懲りませんでした(´・ω・`

責任に限らず、権力や財力を持った瞬間
人は豹変するのかもしれませんね

それと、お世辞のようで申し訳ありませんが
連載終了お疲れ様でした(^^*


<天邪鬼様へ

人間は基本的に単純な生物ですからね
百の中に一ついいことがあると、それが印象に残ってしまい
「これだけ外れたんだから次は当たるんじゃね?」
もしくは「次も当たるに違いない!」と錯覚します
まさに麻雀などの場で、お金の魔力にとりつかれるように…

もう一つ、人間は初めて体験することには
少なからず緊張を覚えますからね、些細なことでも
特に子どもがお菓子ではなく現金を渡されたら困惑するでしょう
駄菓子屋で何を買ったらいいのかうろうろする光景が
容易く目に浮かぶようです(・∀・

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/326-f9823086

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR