in the mirror

2011 - 10/03 [Mon] - 21:35

孤独な私を慰める為
鏡の部屋に閉じこもる

孤独な私を慰めるのは
鏡に映った孤独な私

凍てついた心は鏡のようで
映った少女の姿が果てしなく連なり…


無限にこだまする砂まみれの唄は
哀しげな音をたてる 時計の針のように
陳腐な言葉を繰り返し叫ぶだけの唄が
悲痛な願いへ変わる 母への祈りのように

ひび割れた氷に重なる少女の姿は
より亀裂を走らせる 薄いガラスのように
潤んだ瞳に映る少女の姿が
何処までも呑み込む 悲しみに誘われるように

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/344-386532b6

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR