泥まみれの落ち葉は

花をもがれた木の残骸は
寂しげな風に散りゆく

色を失った木の残骸は
黒ずんで地で朽ち果ててゆく

泥まみれの紅葉は
美しい木の最期は
踏みつぶされて泥まみれ

コメント
美しく咲いた花や葉もいつは乾かれ
地面に落ち汚れてしまったと嘆くよりは、
また新たな命の糧になると信じてやまない。

この詩を読んでいたら上記のような正反対な考えが浮んできたんです。
そういう考えなのは、自分が植物を育ててるせいだと思う。
2013/03/08(金) 05:00 | URL | CHIEs #Pss1s8c.[ コメントの編集]
CHIEs様へ
私も植物を育てていたことがありましたね(・ω・*
訳あって、家から一週間離れていた時放置したせいで、枯れてしまいましたがね……。

当時、「私はなんて無責任な人間だな」と、軽い自己嫌悪の念に駆られてしまいましたが、「でもいつまでも家の中に閉じ込めておくのも可愛そうだしな」と今は思っていますよ。

コメントありがとうございました(^^*
2013/03/08(金) 17:34 | URL | sun #iBQcsk6M[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ