『運命』を手に握って

『運命』を手に握って歩む道は
あまりにも窮屈で息が詰まる
『悲劇』は第三者を卑屈に愉しませ
そこにあるのは人間性を失った
ただ歩くだけの木偶

『運命』を手に握らずとも
私たちは十分波乱に満ちている
しかし、ありふれた小さな幸せは
確かに誰かと分け合うことができる

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ