熱を帯びた目覚め

夢を見た気がする

近所の景色が見知らぬ街のようで
私はそれを空を飛びながら見下ろす

高度の恐怖、風当たりの強さ
疾走感と浮遊感は現実のよう

今でも空を飛べるような気がする
汗だくになった寝起きのベッドで
私は未だ夢の中にいた

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ