愛される、その時まで

手を繋ぐこともなく
寄り添うこともなく
ただ孤独に、勤勉に道を歩むのは
神様の思し召しなのだろうか

前に進もうが
成長しようが
いつも一人で私はいるのは
孤高の証か、不幸の運命か

それでも私は前に進む
同じく孤高な者に
愛される、その時まで

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ