氷の雨に打たれるように

季節外れの冷たい雨が
窓を曇らせ、街を暗くする
仕上げに苛まれながら道を往けども
お店に飾られたクリスマスツリーは
ぼやけてしまって見えなくて

雪の代わりに冷たい雨が
渇いた街を更に固める
梅雨が懐かしい、潤いに満ちた日々が
クリスマスプレゼントを買う暇もなく
卑しい上司の歓心を買うこの年末で

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ