星灯りの代わりに

2011 - 12/20 [Tue] - 19:13

はらはらと降る雪の日は
お星さまは見えないから
煙突を綺麗な光で飾ろう
サンタさんを迎えるため

銀に彩られた街もいいけど
クリスマスの星空も見たいから
雲の上を飛ぶ貴方を迎えて
聞かせて欲しい、星空の旅を

うふふ~^^

なんだろう。童話の世界が頭の中にふっと浮かびました^^
愛らしくって、ほんわかで。
寒いはずなのに、どこか温かみを帯びる言葉たちに、思わず笑みがこぼれました♪
どんな旅のお話を、サンタさんは聞かせてくれるのだろう?とわくわくしちゃったり。

煙突を光で飾る。愛らしく素敵な発想ですね^^
サンタさんもビックリ??(笑)

chacha様へ

そういえば私の知り合いで、子供の時に
「クリスマスプレゼントにサンタさんが欲しい!」って
言っていた人がいたな~(笑)
「プレゼントをたくさんもらえるから」じゃなくて
「お友達になりたいから!」という理由で(・∀・

なんかこう、見知らぬ人と交流を深めるのって
とてもワクワクしてしまうタチなんですよ、私は
ですから、媚を売るわけではありませんが
仲良くなるために出入り口を綺麗に飾ったりして
コミュニュケーションを円滑にするというか…

サンタさんは煙突から入るだろうから
そこを重点的に、という発想の作品でした(・ω・*

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/420-8e296301

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR