独りの目覚め

光が差し込まない寝室で
震えているのは寒さか?寂しさか?

小鳥の唄さえない季節
羽虫との死闘さえ懐かしい
収穫と食欲は既に去り
今や熊のように閉じこもっているだけ

恋しい人肌の温もりが
布団の中を巡っているから…

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ