傷だらけの樹皮

安らぎの木陰を成す大樹が
風雨に晒され続けたように
命絶えぬ限り身体の傷さえ
必ず誇りに思う時が来る

分厚い樹皮は鎧のようでも
温かな血が通っている
折れぬ心は大樹の如く
己の足で立ち続けている

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ