打ち捨てられた三輪車

窓から見えた曲がり角
三輪車でそこまで行ってみた

塀の陰に隠れた世界
広がった途端興奮した

だけどママが夜ごはんだと
家の窓から僕を呼んだから
出来るだけ早くと三輪車を置いて
家の方へと駆けて行った

いつか冒険の続きをしよう
三輪車が待っていてくれるなら

コメント
冒険ですよね。
自転車のときもそう思いました。
何か新しいものに挑戦するのも一つの冒険ですよね。
それを教えてくれる詩ですね。
2012/03/11(日) 19:07 | URL | 才条 蓮 #-[ コメントの編集]
才条蓮様へ
思えば、自転車を乗れるようになってから
子どもながら世界が広がったと感じました。
父とともにサイクリングに行ったり、
やがて友達と隣町のデパートまで行ったり…。

比較的早い時期から乗りこなせるからこそ、
三輪車や自転車の体験は貴重なのでしょう(・ω・*
2012/03/13(火) 10:11 | URL | sun #iBQcsk6M[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ