カラスが帰る場所

生ごみを漁り、電信柱で喚く彼らは
夕焼けと共に沈む時だけ
どうしてこうも美しいのだろう?

灰色の都会に隠れて見えない
地平線のずっと向こう側に
もっといい場所があるのだろうか?

惨めな思いをしても
不当な扱いをされても
誇らしげに生きられる楽しい場所が

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ