鳥になりたい

僕を閉じ込めるビルの隙間から
手を伸ばした先で鳥が羽ばたく
そう、忘れていたんだ、この世界は
夢幻に広がる大空の下にあると

歩道に沿って歩く僕の上を
風邪と遊びながら鳥が掠める
もし、排煙の臭いがこの街から消えれば
春風を追って旅する必要もないのに

不意に目に移った窓の下の眺め
街は箱庭で、山は壁のようにせり立つ
あの山に隠居するのはできそうにないから
攻めて自由な鳥になれたらいいのにね

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【鳥になりたい】

僕を閉じ込めるビルの隙間から手を伸ばした先で鳥が羽ばたくそう、忘れていたんだ、この世界は夢幻に広がる大空の下にあると歩道に沿って歩く僕の上を風邪と遊びながら鳥が掠めるもし、排煙の臭いがこの街から消えれば春風を追って旅する必要もないのに不意に目に移った窓...
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ