燃ゆる嵐

言葉を失い、口をつぐんで
例え人々から誤解されようとも
本能のままに荒れ狂う嵐は
縦横無尽に見えぬ敵を追う

安息を捨て、誇りをも捨て
そして荒野で途方に暮れる
逆風で燃えたつ紅蓮の嵐が
やがて己を焼き尽くすと知っても

失意に呑まれた燃ゆる嵐は
荒れ狂うことで正気を保っていた

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ