裸足

生命の故郷に恋焦がれて
私は裸足で海を歩く

膝まで浸かる母の息吹
優しい波が心を潤す

ふと服が濡れることを気にすると
私は自分が大人であることを思い出した

コメント
裸足で外を歩くと、なんかドキドキしますよね。
靴を履く、という行為に慣れ過ぎたせいかもしれません。
服の汚れも気にせず遊んでいられたあの頃に戻りたい…
とは言わないけど、でもちょっと寂しい気もする。
2012/06/25(月) 09:49 | URL | 安田 勁 #-[ コメントの編集]
安田勁様へ
誰しも幼い時は、靴を履いたとしても外に出る行為自体がドキドキの体験だったのでしょう。新鮮ですからね。
だから、靴を履かないで外に出るという新鮮な行為は、幼心を思い出させる一つのきっかけになるのかもしれません。

…といっても、靴を履かずに外に出ると色々な物を踏んでしまいそうで怖いですし、服が汚れてしまうと後々面倒なことになるのを私たちは学びました。なんとなく寂しいですよね(-ω-;

コメントありがとうございました(^^*
2012/06/25(月) 17:36 | URL | sun #iBQcsk6M[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【裸足】

生命の故郷に恋焦がれて私は裸足で海を歩く膝まで浸かる母の息吹優しい波が心を潤すふと服が濡れることを気にすると私は自分が大人であることを思い出した
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ