狭い舞台

青空を背景に笛を奏でたことはない
路地裏を背にギターを鳴らしたことはある

自由を謳歌するための音楽は
自由に恋焦がれる叫びに変わった

聴衆を求め大通りで弾いても
街の雑音に音楽は消えてゆく

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ