情緒不安定

先走る不安と
迫り来る恐怖

自己嫌悪に侵されるまま
涙を流して渇望するのは
心が安定している人間の傍

引き籠った部屋で
怒りにのた打ち回りながら
無気力になるのを待っている

コメント
自分の内にある恐怖とどう向き合うか?生きている以上離すことのできない不安や恐怖と共に明日を迎えること。それが"人生"だと思います。
2012/09/02(日) 18:22 | URL | 生茶 #-[ コメントの編集]
強いものなどいない、強くあろうとするもの、いるのはそれだけだ!
恐怖を乗り越えた先に強さがある。恐怖と強さは相反しない!

負けるな!sun 様!
2012/09/02(日) 18:22 | URL | 日曜日よりの使者 #-[ コメントの編集]
コメントへのおへんじ
<生茶様へ

結局のところ、不安や恐怖は忘れようとすればするほど、その気持ちが強くなっていく一方ですからね。こういう経験があったから今の自分がある、などというように、共存していく姿勢が大切なのでしょう。

コメントありがとうございました(^^*


<日曜日よりの使者様へ

激励の言葉ありがとうございます!(`・ω・´

恐怖と強さは表裏一体ですか…。強くなりたいからこそ、弱さを知ると言う意味で恐怖する、ということなのかもしれませんね。怖がってばかりの自分は情けない、などとあまり思い詰めないようにしたいものですね(ーωー
2012/09/03(月) 10:53 | URL | sun #iBQcsk6M[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ