彷徨う湿気、漂う雨雲

2012 - 09/06 [Thu] - 20:42

通り雨が止んだなら
閉じた窓を再び開く
その時目に映った遠い山に
陰気とも陽気とも捉えられる
白い霧がかかっていた

透き通る夕の空に
太陽は燦々と燃え
山と霧は黒い影となる
雨雲のように見えたその霧は
一体どこへ消えゆくのだろうか

雨と霧は切っても切れない関係ですからね。
こういう霧の風景も作りたいですねえ・・と感じさせます。
色々と自然は偉大だなと感じさせます。

LandM様へ

街中で、山の景色を見上げると、本当に「自然は偉大だな」と思ってしまいます。
人が建てたどんなビルよりも高く、どんなイルミネーションよりも素晴らしい景色が見られるので。
雨さえも味方につける山は、本当に偉大ですよね(・ω・*

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sunyama.blog133.fc2.com/tb.php/683-e34a98db

プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ

検索フォーム

リンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR