忘れないで

もうすぐ無人となる
この寂れた山村でも

君の生きた証だけは
留まり続けるでしょう

これからも君が
生きて名を残す限り

ここの存在意義も
永遠に残るでしょう

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ