澄み切った空の彼方へ

初雪が降る前に
空の彼方へ行けば

冷たく、美味しく、澄んだ空気が
僕を迎えてくれるのだろうか

北風と向かって
どこまでも走れば

秋空に浮かぶ淡い雲も
きっと止まって見えるはず

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ