身体の一部

大好きな人の
温もりに飢えて

大好きな人の
胸で温めたよりも

もっと温かい
そう、身体の中で温められた
温かい液体、私が欲しい物
それなら何でも問わない

でも大好きな人の前で
こんなことを言ったら
絶対に嫌われてしまうから

私は今日も
奇跡的に触れ合った時の
あの温もりを想いだして
満足しよう

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ