fragment

星々の欠片を結んで
星座を作るように

粉々になった喜びを
海に捨てればまた光るだろうか

夕陽を見るたび思い出す
波間に揺れる淡い記憶

まるで世界中が
喜びに溢れたようでも
それでも寂しいのは変わらない

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ