冷たい優しさ

君の痛みは僕にも分かるよ、と
出来るだけオブラートに包んで

気がつけば君はいつも一人
僕の優しさを本当だと思ってるみたい

喧嘩を繰り返しているようだね、と
出来るだけ毒々しい言葉を避けて

気がつけば君は調子に乗って
いや、僕が君をダメにしたみたい

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ