あの雲の上はきっと

それでも空は青くて綺麗で
朽ち果てた遺跡の
隙間から見上げても

苦痛を友にして
荒野で眠るような僕でも
あの空に見守られているのだろうか

それでも自ら命を絶つことなく
しかし生きる意味も見当たらず
僕は今日も孤独に彷徨う

あの雲の上はきっと……

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ