足が六本、僕には二本

足が六本あったら
走っても疲れないだろうなぁ、と
二本足の僕は思った

そいつの身体を裏返してやったら
六本の足をごきごきさせて
寝返り一つさえできずにいる

やっぱり二本足と
二本の手でよかったなぁ、と
僕は思った

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sun

Author:sun
心理学をベースに、あらゆるものを詰めこんだバトル物の小説を連載しております!
たまに短い童話も掲載しております!

Twitter
pixiv

カテゴリ